富山じびえ

IMG-BLOG

ジビエ(仏: gibier)とは?


ジビエとは狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味する言葉(フランス語)で、ヨーロッパでは貴族の伝統料理として古くから発展してきた食文化です。
その昔フランスなどでは、ジビエを使った料理は自分の領地で狩猟ができるような、上流階級の貴族の口にしか入らないほど貴重なものでした。そのためフランス料理界では古くから高級食材として重宝され、高貴で特別な料理として愛され続けてきました。
そこには、「動物の尊い生命を奪う代わりに食材として大切に使い、生命に感謝を捧げよう」という精神が流れています。山野を駆け巡り大空を舞った天然の肉は、脂肪が少なく引き締まり、栄養価も高い、まさに森からの贈り物。力強く生命力に溢れた特別なごちそうです。(日本ジビエ振興協会HP 引用)
富山には、フランスの山々に勝るとも劣らない素晴らしい自然があります。
当店では、「八尾風(かぜ)のBON(ボン)ジビエの会」を発足させ、イノシシやクマ、ニホンジカといったジビエ料理の普及に努めています。
「臭い」と獣肉を敬遠する人も少なくないが、「新鮮できちんと処理された肉は臭みがなく、おいしい。魅力を知ってほしい」

猪のカツレツ

鹿のポアレ カシスソース